広報100箇条

広報実務にヒントとなるノウハウを紹介していきます。 広報力向上に少しでも寄与できれば幸いです。

ニュース素材

昼食時は情報の宝庫

ブログネタ
広報 に参加中!
あなたは毎日の昼食を誰と食べていますか?同じ部署の方と食べる方、忙しいからと言って近場のコンビニ等で弁当やサンドウィッチなどを買い込み、PCの前で食べる方など様々だろう。では広報マンにとって昼食とはどうあるべきなのだろうか。

“記事は足で稼げ”とは記者に向けた言葉であるが、広報担当も同じである。社内情報は待っていても集まらず、足で稼がなければならない。とは言え、就業時間中はなかなか余裕のある時間はとれず、また他愛もない話は余りできない。私も顧客との打合せ後の雑談から結構ニュース素材を拾っている。まさに雑談が重要なのだ。

昼食時を有効活用する目的は主に3つある。まず広報担当者は外から見ればきらびやか映る様だが、実際の業務は7割近くが社内調整業務であり、他部署と円滑なコミュニケーションを図るための円滑剤的な機能。次に前述したが、日ごろ付き合いのある他部署の人と接することで新たなニュース素材を発掘すること。そして最後に、未だ入り込めていない部署に入り込むこと。いわゆる新規開拓の3つである。

部門からの正式ルートでニュース案件が広報部に回ってきた際、時間的に手遅れなことがある。そう言った意味でも準備段階で情報をキャッチしておくことは重要であり、担当者レベルからの情報の入手は重要だ。しかし実際に対外発表することになったら、事前に上長に確認するなどその担当者に配慮することを忘れてならない。広報への理解が乏しい部門であれば、その担当者がスパイ扱いされてしまう可能性もあるからだ。その部署の雰囲気なども十分に把握しておくことが重要だ。

ゴルフが営業に効果的と言われる大きな理由は、多くの時間を拘束できるというメリットであろう。そう考えると、毎日1時間弱ではあるが、昼食の時間を有効に使っているか否かで大きな差が出るのは間違いない。明日から毎日必ずと思うと気が重いだろうが、週に何日か決めて少しずつ気長に始めてみては如何だろうか。

広報58箇条 昼食時を有効活用せよ


クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ

ニュース性の低いネタの扱い方

ブログネタ
広報 に参加中!
安定的、継続的に情報発信を行っていくのは難しいこと。新製品や新サービスなどの情報が比較的多い大手メーカーでも苦労しているのが現状である。情報発信すべく積極的にニュース素材は発掘したが、どうもニュース性が足りずにリリースすることを諦めることは多いだろう。しかし数少ないニュース素材をそこで諦めるのは実にもったいない。何かリリース配布以外の策はないのだろうか。

まず認識を改めなければならないことがある。それは情報発信の手法は数多くあり、その代表的なものがリリース配布であるが、手法の1つに過ぎないということである。かつリリースはある一定以上のニュース性がなければ出せないものだ。そう考えると、メディアに向けた情報発信方法は、リリース配布以外をメインに考える必要があるとも言える。

リリース配布以外の発信方法は、個別取材が代表的であり、如何に個別取材を勝ち取っていくかが大きな成果の分かれ道となる。個別ネタでの取材誘致の検討は最優先として考えるべきだが、それ以外にも1つの素材では難しくとも合わせ技でのニュース性評価もしてみるべきだ。加えてメインのネタでの取材時に、補足的に付加情報として情報提供する手もある。

またリリースには出来ない情報でも、数が多ければそれ自体で企業活力という情報も付加される。半期に一度でもそれらをまとめてみて、ニュースレターというものにしたててみては如何だろうか。或いは日々使うメディア向け会社案内に付加していくことも効果的である。また自由に発信できる媒体として、自社Webの存在も忘れてはならない。

広報49箇条 リリース以外の手法を活用すべし


クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ

リリースは数打ちゃ当たるのか?

ブログネタ
広報 に参加中!
とある広報セミナーで、“リリースは数多く出すべきだ”という話があったそうだ。恐らくこれから広報活動を始めたいと思う方向けのセミナーであったと想像するが、本当にリリースは数多く出せば良いのだろうか?

確かにこれから広報活動を始めていくにあたり、社内や学内のニュースの元となる素材を数多く探し出し、リリースに仕立て上げられるようにしていくことは非常に重要なことである。しかしそれを全て配信していくというやり方はどうだろうか。ここには2つの問題点がある。

まず「ニュース性が本当にあるのか否か」である。皆さんの元にもよく面識のないところから広告宣伝のFAXが届いていることと思う。最初は関係ないかと思うのだが、何度も多く送られてくると腹立たしい。そして電話料金がお安くなるなどの一方的な電話が何度も同じ所から掛かってくると、気の短い私は憎悪すら覚える。締め切りに追われ、無数のリリースが届く記者も同じような想いをするのではないだろうか。現にフリーランスライター達はそう感じているのは確かだ。やはり記事として書
き様のないものは送らないべきである。印象を悪くしていることは間違いないからだ。

送る前に、具体的にどの媒体でどの様な記事になるかイメージしてみることが大事である。イメージできない案件は当然記事にはならない。記事にするためにはどの様な情報を付加すれば良いのか、切り口はどうなのかを熟考頂きたい。

そして「まとめて出すことが本当に効果的か」ということである。偶に日に何本も同時にリリースしている会社を見ることがある。どう見ても同じ紙面で書ける記事は1社1件であろう。であれば、もっと違った出し方があるのではないだろうか。当然であるが、リリースを送ることが目的ではないからだ。

広報35箇条 記事化がイメージできないものは送るべからず

にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ