広報100箇条

広報実務にヒントとなるノウハウを紹介していきます。 広報力向上に少しでも寄与できれば幸いです。

中長期経営計画

マニフェストは選挙用?

ブログネタ
広報 に参加中!
第45回衆議院選挙は、民主党308議席獲得の圧勝に終わった。自民大敗と言った方が適切だろうか。これまでの選挙では、自民大苦戦と言う前評価が報じられると、大きな変化を嫌う国民性なのか、実際の投票では善戦し自民党はなんとか政権与党を維持してきたが、今回の選挙では前例にない結果となった。これで民主党は、結党13年で初の与党、そして自民党も結党以来初の野党となった。野党初心者の自民党には、政策を対話する野党になってもらいたいものだ。

さて民主党。今回の選挙では政権交代を視野に入れていたためか、非常にインパクトのあるマニフェストを掲げた。本当に実現できるのかという思いと、民主党の謳う様に変えてしまうのが良いのかという不安もある。マニフェストは公約であるが、選挙後、存在感が極めて薄れるのも現実でもある。政権交代選挙のアピール用トークとあってはならない。

しかし注意したいのは投げっぱなしなのは、なにも選挙のマニフェストだけではないことだ。企業でも最近は減った感があるが、中長期経営計画や新たな取り組みなどの投げっぱなしはある。

また有事の際、状況報告、原因究明、再発防止策などは聞くが、再発防止の取り組み成果などは余り聞くことはない。また社内でも、予算に対する見直しや見込みなどには力を入れるが、実績が出た後、予算差違などを現場レベルまで落とし込み分析を行っているのは意外と少ないのではないだろうか。余り予算や予想などばかりを強調してしまうと、現場は疲弊し帰属意識も低下してしまう。きっちりと出来たことも含めて自己分析することが重要ではないだろうか。

投げっぱなしにはしないと言う企業姿勢の見せ方も重要である。信頼感の醸成如何は、この見えないところで左右されているものだ。

広報78箇条 言いっぱなし、出しっぱなしは要注意


クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ

あなたの会社のミッションは?

ブログネタ
広報 に参加中!
あなたの会社のミッションは何ですか?と聞かれた場合、あなたはどう答えますか?或いは答えられるだろうか。記者からこの様な質問をされることはまずないだろう。しかしこの問いに答えられるか否かによって、日ごろの“広報活動の質”が解る。ではどういうことか。

ここでいうmissionとは、使命や役割、存在意義を指す。つまりその企業は何のために存在し、何を目指しているのか、何をやろうとしているのかが明確かということである。これらは企業理念に表れていることが多い。つまり企業理念やポリシーが、日ごろの広報活動に生かされているか否かでもある。これらを浸透させようとした場合、継続的、網羅的に取り組んでいかなければなかなか達成できない。

具体的に言えば新商品の発表や個別取材などの際に、発信案件と当社の理念やポリシーと常に照らし合わせているかということである。
企業理念などはそれだけで情報発信することは困難であり、都度発信する案件に結び付けていかなければ発信できない。加えて、常に結びつけた発想をしていくことで、その企業が一貫したポリシーがあるという情報も付加されるわけだ。

また企業の役割などは時代や外部環境により左右される。そのため、位置付けなどは定期的に検証していく必要がある。また理念やポリシーなどは安易に変える必要はないが、理解されることは必要であり、そのため表現の仕方は見直しても良いだろう。手法としては、中長期経営計画などを策定した際にスローガンを策定することだ。企業理念などを踏まえ、今後3年や5年、10年後に向けどのような方針でいくのかを示すのは、対外的にだけでなく、社内的にも有意義なことである。

中期経営計画はそう策定する機会は少ないだろうが、企業理念が現在にどう生かされているのか、或いは世の中や業界動向の中での当社の位置付けなど、検証してみては如何だろうか。改めて自社の強みやポリシーを再確認することは重要なことだろう。

広報55箇条 常に企業価値の検証を!


クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ