広報100箇条

広報実務にヒントとなるノウハウを紹介していきます。 広報力向上に少しでも寄与できれば幸いです。

報道の契機

報道の確度を上げる2つの契機

ブログネタ
広報 に参加中!
広報素材には必ず旬がある。報道に値するか否か、どれだけの紙面や時間を割くに値するかという価値は常に変動している。情報鮮度を保つ時期は、1日程度のものや数カ月などと案件によりさまざまである。どんなにニュース素材の価値があったとしても、この旬を逃してしまうと、報道する機会を逸してしまう。情報発信をする場合は、常に情報価値の旬を意識し、一番価値の高い時に発信しなければならない。ではどういう点に配慮すれば良いのか。

配慮すべき契機は2つある。第一は発信者側の契機であり、リリースなどを出す場合は、物事決まった時点、起こった時点が最大の発信の契機と比較的解り易い。しかし個別取材となると話が変わってくる。例えば社長取材の場合、新社長であればニュース価値が増す。しかし新社長という切り口が使えるのも、せいぜい半年である。つまり個別取材などは、あらゆる広報素材や切り口の合わせ技でニュース性向上を図るため、それぞれの旬の契機を見極めそれら合算値が最大の時に発信しなければならない。

また報道価値は何もプラスだけではない。不祥事などの場合は、発生した時点から時間を追うたびに情報価値のみならず、企業価値が下がっていく。遅くなればなるほど、出さなければならない情報を出さないほど企業価値は低下していく。どの時点で何をしなければならないのかを見極める必要がある。

そして契機はもうひとつあり、それはメディア側の契機である。記者が一番書きたい、書き易い時がそれであり、記者がどの様な認識でいるのかを察知しておく必要がある。また物理的なことを言えば、土日に紙面を持たないメディアに金曜日に配布しても書けない、他社の輪転機を借りている専門紙に夕方情報提供しても翌日には間に合わないと言う契機だ。

これら二つの契機を常に意識することが重要である。

広報99箇条 「発信と報道」の 2つの契機を意識せよ

クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ

リーマンショックから1年

来る9月15日は何の日かご存じだろうか。昨年のこの日、米国の大手投資銀行、証券会社であったリーマン・ブラザーズ(Lehman Brothers)が倒産した日である。米国を代表する企業の一つである同社の倒産は、全米のみならず、日本を含めた全世界の経済危機を誘発したことは記憶に新しい。いわゆる“リーマンショック”である。ではそのリーマンショックと広報と何の関係があるのだろうか。

既に多少出ている様だが、何れ“検証 リーマンショックから1年”などと言う記事が掲載される。100年に一度の大不況と言われたこともあり、良い話ではないと思う方も多いだろう。しかしこの1年、本当に良いことは何もなかったのだろうか。今回の経済危機から得られたものは何もないのだろうか。未曾有の環境変化により大胆な対策がとれた、或いは自社はこう乗り越えた、施策の効果が出てきたなど、言えることは何かある筈である。

重要なのは、どんな状況であっても何か良い切り口を探し出してくることである。広報担当者は前向きな方が多いと認識しているが、恐らく後ろ向きな方では仕事にならないからであろう。そしてもう一つ、日ごろニュース素材を社内から発掘しようと努力されているだろうが、素材や切り口は社内だけではないということ。「リーマンショックから1年」などという外部環境での切り口で何か言えないか、言えるのであれば、ニュース性向上と、報道する契機が得られる。○月○日は何の日や、年度総括など意外とこの様な切り口は少なくない。

外部環境での「ニュース」や「発信の契機」の切り口と、社内情報との融合を常に検証していく必要がある。どんなニュースでも“他人事”と済ましてしまっていると、広報としての成長はない。

広報84箇条 常に外にもアンテナを向けよ

クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ