広報100箇条

広報実務にヒントとなるノウハウを紹介していきます。 広報力向上に少しでも寄与できれば幸いです。

専門紙誌

媒体にランクはあるのか

ブログネタ
広報 に参加中!
広報担当者なら誰しも自身の発信する情報は、出来るだけ多くの人に伝えたいもの。1万部よりは10万部、10万部よりは50万部、100万部の媒体とコンタクトする際に力が入るだろう。取材依頼があった際、発行部数は対応可否などの判断基準にも影響しているのではないだろうか。しかし単に発行部数などで安易に判断して良いものだろうか。

確かに同じ媒体種類であれば、少しでも部数が多い方が効果はあるだろう。しかし、読者層は媒体により違うことを頭に入れておかなければならない。そのことも含めて判断しなければならないのだ。専門紙誌は、確かに5大紙などに比べれば部数は少ない。しかしその発信する企業にマッチした、その広報素材(ニュース)に合致した読者に情報が届く。業界関係者でかつその担当部門、担当者にまで的を絞って情報が届くのだ。或いは特殊な趣向の持ち主、ニッチな分野への情報発信ツールが専門紙誌であり、それが専門紙誌の役割だ。専門紙誌とのリレーション構築は、最重要課題の1つであろう。

また専門紙誌の記者は、マクロ感を得るために大手紙誌を読んでいる。逆に大手紙誌記者は、自身の担当する専門情報を得るために、各分野の専門紙誌を読んでいる。つまり専門紙誌へ効果的な記事を出していくことは、大手紙誌の担当記者にも記事という体裁で情報発信することができる訳だ。

安易に部数だけで媒体にランクを付け対応を決める前に、それぞれの媒体特性をよく勉強する必要がある。その上で判断していかなければ、効果が出ないばかりか、知らないうちにリリースが送られてこない、邪険に対応されたなどの反感を持たれている場合もある。
今一度メディアリストを再確認しては如何だろうか。

広報53箇条 媒体特性をよく吟味せよ


クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ

1ランク上のリリースを書くには

ブログネタ
広報 に参加中!
皆さんも競合他社や関連業種企業のニュースリリースを見られることと思うが、私は仕事柄、それらの世に出る前のリリースを見る機会が多い。最初は内容が乏しくリリースの形になっていないものや、最初の段階から内容盛りだくさんのものまで、企業によってさまざまである。やはりお一人で担当されている企業は、リリース作成に苦労されている様だ。
そこで今回は、1ランク上のリリースを書くためのポイントをひとつ紹介する。
それは、“リリースを書いたら素になる”ということだ。

特にメーカー系のリリースに多いのだが、言いたいことが盛りだくさんで読み難く、何を一番言いたいのかが伝わり辛いというパターンだ。やはり競合製品よりも少しでも優れていることをアピールしたいという気持ちは解るのだが、こと細かく全てにおいて優っていることを説明されても、結局何を言いたいのかが伝わらないばかりか、本当か?と疑問を感じる場合すらある。本当に伝えたいことを確実に伝わるように、素になって読み直すことをお勧めする。

また意外と多いのが、専門用語や社内用語がつかわれているケースだ。社内用語は論外として、専門用語が多い場合、専門紙誌以外の記者には理解されにくいので、露出媒体が限定されてしまう。例え記者自身が理解できても、自身の読者に理解される言葉が解らなければ記事にはならないことを理解しなければならない。専門知識のない一般人の目で再確認する必要がある。

そして最後に加えることは、書かれている事実が本当かということ。よく“業界初”などの格好の良い言葉が使われているが、単に部門担当者に言われたからと言って鵜呑みにするのは問題である。リリースとして出すからには、きっちりと検証した上でその緒元データを揃えておく必要がある。記者はリリースに書かれたものを鵜呑みにはしない。必ず検証を行う。発信者側はそれ以上の検証を行うことが必要なことは言うまでもない。

広報36箇条 リリースを書いたら素になれ!

にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ