広報100箇条

広報実務にヒントとなるノウハウを紹介していきます。 広報力向上に少しでも寄与できれば幸いです。

広報素材

ニュース性を上げよ!

ブログネタ
広報 に参加中!
ニュースリリースを配布したが、思い通りの報道が獲得できなかった、或いは全く取り上げられなかったという経験はだれにもあるだろう。では何故その広報素材が取り上げられなかったのか。リリースの書き方に問題があったのか、配布先、配布方法に問題があったのか、たまたま他のニュースが多かったなど原因はいくつか考えられるが、一番の根本は“ニュース性不足”と言えるのではないだろうか。

ではニュース性とはなんだろうか。ニュース、つまり新しさは当然考えられる切り口である。では古い、昔から行っていることはニュース性がないかといえば、40年前から行っている、今回で100回目など記録性という切り口を加えれば充分にニュース価値は向上する。

【広報的切り口例】
・新規性、新奇性(新しさ、珍しさ)
・発信者としての位置付け(その広報素材により発信者にどの様な影響があるのか)
・影響性(発信者のみならず、業界などに対する影響は)
・社会性(一般社会への影響度)
・記録性(記録と言う観点でどうなのか ○周年 ○回目 業界初など)
・計画性(既に計画に対してどうなのか)
・将来性(将来的な影響)
・地域性(特定地域に影響がある 地域初など)
・国際性(国際的な影響度、国際的な流れと比較してどうか)
・ネームバリュー(社名、社長名、個人名 相手方含む)
・人間性(エピソード、意外性)

書き出すときりがないが、一度書いたニュースリリースや取材依頼を読み返し、これらの上述した切り口で改めてその広報素材を見直してみると、ニュース性を上げられるのではないだろうか。特にB2B企業などは、専門性に走りがちであるが、切り口によってはニュースが広がる、即ち媒体なども広がる可能性は充分にある。既成概念を横に置き、“素”の状態で見直してみると新たな発見があるかも知れない。

広報8箇条 広報素材をあらゆる角度からみつめニュース性を向上させよ!

クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ

リリースの一斉配布は、ニュース性を下げる

ブログネタ
広報 に参加中!
皆さんは広報素材を発信する際、どの様な手法でメディアに伝達しているのだろうか。リリースの一斉配布という手法が一番多いだろう。大量にコピーし、ホッチキス止めや封入作業のあと郵送するところもあれば、ボタンひとつで一斉にFAX送信するサービスを活用しているところ、またはリリースの原紙をPR会社に渡し、後は宜しくというところもあるだろう。

しかし苦労して一斉配布を行い、記事として取り上げられれば良いが、取り上げられなかったことはないだろうか。広報素材全てにリリース一斉配布が適しているとは言えないのである。

基本的に記者は、リリースは記事を書くきっかけとしか考えていない。もちろんリリースからも記事を書くが、その情報だけでは書けてもベタ記事だろう。記者は基本的に興味を持ったことを取材等で掘り下げ、独自に記事を書くことを好むしそれが仕事と考えている。もちろんその素材にもよるが、各メディアに同時に同じ情報を配布されて喜んで飛びつきはしないということである。自分が書かなければいけないとは思わない。わざとタイミングをずらして、業界動向や独自の見解などを加えて書くケースが多いことからもそう言えるのではないだろうか。

リリースの一斉配布は、一度により多くの記者に効率的に周知頂ける上、フェアディスクローズの観点からも適切な伝達方法であることは間違いない。ただ、報道されなければそれは単にメディアにお知らせしただけであり、読者や視聴者に伝わることはない。

リリース配信は、そもそも読者や視聴者に伝えるのが目的のはず。であれば、発信のたびに、どの様な手法でどのメディアにアプローチすべきかをよく検討する必要がある。

広報5箇条 広報素材によって発信方法を吟味せよ

クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ

攻めの広報部門を目指せ!

ブログネタ
広報 に参加中!
現在2009年度の予算策定作業の追い込みをされている方も多いだろう。販売部門や販促部門は経費のみならず精緻に活動等スケジュールを作成するだろうが、広報部門で年間活動スケジュールは作成しているだろうか?これは経費積み上げのためのものではなく、あくまでも広報活動をより効果的に行うためのものである。

〜主な目的〜
〆G度の反省と課題抽出
⇒菁度の目標設定
H表案件の情報収集と具体的スケジュールの策定

この1年間を振り返り、全体の露出数はどうであったか、ターゲット媒体は攻略できたか、メディアコンタクト量はどうであったかの反省とそれを補うための施策の策定である。来年度はどの位のリリースが出せるのか、情報発信量にバラつきがないか、それを平準化させるための準備も重要である。

加えて、発表案件の詳細とスケジュールは必ず抑えておき、これは日々社内から情報を集めてメンテしていく必要がある。掲載確度を上げていくための重要な作業だ。

お客様のところへ訪問した際、お客様同士の会話でよくこんなことを耳にする。「あの案件、そろそろだったよな」「えっ、来週なの?」「もう終わったの」というもの。広報素材には旬があり、それを1日でも過ぎてしまうとニュースとしての価値が半減する。より効果的な報道を勝ち取るためにも充分な検討期間が必要であり、予算策定のあと各部門に頻繁に足を運び情報収集を行うことが重要である。

広報4箇条 予算策定時に広報活動年間スケジュールを策定すべし

クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ