広報100箇条

広報実務にヒントとなるノウハウを紹介していきます。 広報力向上に少しでも寄与できれば幸いです。

広報部門

広報担当者の評価

ブログネタ
広報 に参加中!
皆さんは広報担当者の評価をどう実施しているのだろうか。或いはご担当者ご自信でどの様な目標を設定し、どう評価しているだろうか。複数名いる広報部なら目標数値や実績の捉え方などの指標や比較対象もあるだろう。しかし広報を兼務で行っている場合、余り広報実務に明るくない上司は部下の評価に困るのではないだろうか。ではどの様な評価が望ましいのだろうか。

広報業務の評価のひとつとして“掲載記事の広告換算”というものがある。掲載された記事を広告として出した場合にどれだけの費用が掛ったのか、つまりどれだけの広告出稿料を広報活動で賄ったかということである。しかしこれはひとつの指標に過ぎず、個人の評価基準にはなり得ない。何故ならニュース性の大小や件数は、個人活動とリンクしないからだ。広告換算は、あくまでも広報部門全体を対象とし、比較論で評価するための一指標と認識すべきであろう。

担当者個人の評価は、やはり広報部門全体の目標や課題とリンクさせることが望ましい。仮に部門の課題が”掲載数が少ない”ことだとすると、リリース配布案件1本当たりの掲載数や、媒体の新規開拓などの目標設定が望ましいだろう。媒体の幅を広げる場合、配布数を増やしたからと言って掲載数は比例しない。リリースの書き方にも工夫を加え、個別に媒体に入り込む切り口を見つけ、掲載につなげるアクションを起こしていかなければなかなか効果が出るものではない。その手法について議論し、成果とそれを成し遂げるための努力を数値目標として掲げるのが適切であろう。

広報担当者と言っても、社員段階や役割により目標とする指標や切り口も違う。だが部門全体の目標や課題とリンクしていることは共通な筈。一度、広報部門の課題や目標について、さまざまな立場で議論をし、具体的な施策や目標値について検討してみては如何だろうか。

広報67箇条 広報担当者にも具体的な活動指標が必要


クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ

攻めの広報部門を目指せ!

ブログネタ
広報 に参加中!
現在2009年度の予算策定作業の追い込みをされている方も多いだろう。販売部門や販促部門は経費のみならず精緻に活動等スケジュールを作成するだろうが、広報部門で年間活動スケジュールは作成しているだろうか?これは経費積み上げのためのものではなく、あくまでも広報活動をより効果的に行うためのものである。

〜主な目的〜
〆G度の反省と課題抽出
⇒菁度の目標設定
H表案件の情報収集と具体的スケジュールの策定

この1年間を振り返り、全体の露出数はどうであったか、ターゲット媒体は攻略できたか、メディアコンタクト量はどうであったかの反省とそれを補うための施策の策定である。来年度はどの位のリリースが出せるのか、情報発信量にバラつきがないか、それを平準化させるための準備も重要である。

加えて、発表案件の詳細とスケジュールは必ず抑えておき、これは日々社内から情報を集めてメンテしていく必要がある。掲載確度を上げていくための重要な作業だ。

お客様のところへ訪問した際、お客様同士の会話でよくこんなことを耳にする。「あの案件、そろそろだったよな」「えっ、来週なの?」「もう終わったの」というもの。広報素材には旬があり、それを1日でも過ぎてしまうとニュースとしての価値が半減する。より効果的な報道を勝ち取るためにも充分な検討期間が必要であり、予算策定のあと各部門に頻繁に足を運び情報収集を行うことが重要である。

広報4箇条 予算策定時に広報活動年間スケジュールを策定すべし

クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ