広報100箇条

広報実務にヒントとなるノウハウを紹介していきます。 広報力向上に少しでも寄与できれば幸いです。

検証

リーマンショックから1年

来る9月15日は何の日かご存じだろうか。昨年のこの日、米国の大手投資銀行、証券会社であったリーマン・ブラザーズ(Lehman Brothers)が倒産した日である。米国を代表する企業の一つである同社の倒産は、全米のみならず、日本を含めた全世界の経済危機を誘発したことは記憶に新しい。いわゆる“リーマンショック”である。ではそのリーマンショックと広報と何の関係があるのだろうか。

既に多少出ている様だが、何れ“検証 リーマンショックから1年”などと言う記事が掲載される。100年に一度の大不況と言われたこともあり、良い話ではないと思う方も多いだろう。しかしこの1年、本当に良いことは何もなかったのだろうか。今回の経済危機から得られたものは何もないのだろうか。未曾有の環境変化により大胆な対策がとれた、或いは自社はこう乗り越えた、施策の効果が出てきたなど、言えることは何かある筈である。

重要なのは、どんな状況であっても何か良い切り口を探し出してくることである。広報担当者は前向きな方が多いと認識しているが、恐らく後ろ向きな方では仕事にならないからであろう。そしてもう一つ、日ごろニュース素材を社内から発掘しようと努力されているだろうが、素材や切り口は社内だけではないということ。「リーマンショックから1年」などという外部環境での切り口で何か言えないか、言えるのであれば、ニュース性向上と、報道する契機が得られる。○月○日は何の日や、年度総括など意外とこの様な切り口は少なくない。

外部環境での「ニュース」や「発信の契機」の切り口と、社内情報との融合を常に検証していく必要がある。どんなニュースでも“他人事”と済ましてしまっていると、広報としての成長はない。

広報84箇条 常に外にもアンテナを向けよ

クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ

1ランク上のリリースを書くには

ブログネタ
広報 に参加中!
皆さんも競合他社や関連業種企業のニュースリリースを見られることと思うが、私は仕事柄、それらの世に出る前のリリースを見る機会が多い。最初は内容が乏しくリリースの形になっていないものや、最初の段階から内容盛りだくさんのものまで、企業によってさまざまである。やはりお一人で担当されている企業は、リリース作成に苦労されている様だ。
そこで今回は、1ランク上のリリースを書くためのポイントをひとつ紹介する。
それは、“リリースを書いたら素になる”ということだ。

特にメーカー系のリリースに多いのだが、言いたいことが盛りだくさんで読み難く、何を一番言いたいのかが伝わり辛いというパターンだ。やはり競合製品よりも少しでも優れていることをアピールしたいという気持ちは解るのだが、こと細かく全てにおいて優っていることを説明されても、結局何を言いたいのかが伝わらないばかりか、本当か?と疑問を感じる場合すらある。本当に伝えたいことを確実に伝わるように、素になって読み直すことをお勧めする。

また意外と多いのが、専門用語や社内用語がつかわれているケースだ。社内用語は論外として、専門用語が多い場合、専門紙誌以外の記者には理解されにくいので、露出媒体が限定されてしまう。例え記者自身が理解できても、自身の読者に理解される言葉が解らなければ記事にはならないことを理解しなければならない。専門知識のない一般人の目で再確認する必要がある。

そして最後に加えることは、書かれている事実が本当かということ。よく“業界初”などの格好の良い言葉が使われているが、単に部門担当者に言われたからと言って鵜呑みにするのは問題である。リリースとして出すからには、きっちりと検証した上でその緒元データを揃えておく必要がある。記者はリリースに書かれたものを鵜呑みにはしない。必ず検証を行う。発信者側はそれ以上の検証を行うことが必要なことは言うまでもない。

広報36箇条 リリースを書いたら素になれ!

にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ