広報100箇条

広報実務にヒントとなるノウハウを紹介していきます。 広報力向上に少しでも寄与できれば幸いです。

自社の強み

事業を継続しているのであれば広報は出来る

ブログネタ
広報 に参加中!
これから広報活動を始めるというお客様と、これまで何度となくお仕事をさせて頂いた。その中で、“うちにニュースなんてありませんよ”などの非常に謙虚な言葉を聞く機会があった。では非上場企業や小規模企業や団体などには、本当にニュースがないのだろうか?

メディアに取り上げられるか否かの大半は、ニュース性があるか否かで決まる。しかし多くの誤解があるのは、ニュース性の捉え方である。ニュース性とは新規性だけを指すのではない。報道の元になるニュース性には、「新規性」の他に、「記録性」や「話題性」、「社会性」などと多くの切り口が存在する。そのため、記者はこれらの切り口の中から“報道に値するもの”を選択する訳だ。切り口のインパクトは大きいほど良い訳だが、ひとつひとつが小さくとも複数の切り口が合わさり、総合的にニュースの価値が上がるというケースも多い。

つまり、常に新しい商品やサービスを世に送り続けている企業でなければ広報活動ができないというものではない訳だ。逆に“新しさ”だけでは価値はないという考えもできる。

どんなに小さな企業や団体でも事業や活動を継続しているのであれば、その存在価値がある筈だ。開発力なのか、営業力なのか、社長のキャラなのかは様々であろうが、“ニュースがない”と思われている会社や団体があれば、間違いなく「存在価値の理由」や「自社の強み」を理解していないのではないだろうか。

自社の存在価値や強みを再認識すれば、広報活動ができるだけではなく、強みをより生かす、或いは課題を抽出するなど、事業運営の見直しもできる。また広告などのうち出し方も変わってくるのではないだろうか。

逆にいえば、将来的に広報活動をしない企業は、”存在価値がない”と思われる可能性も出てくるだろう。

広報85箇条 企業価値の再評価を


クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ

御社の強みはなんですか?

ブログネタ
広報 に参加中!
初めてのお客様に訪問する際などに、私はよくこう質問する。「御社の強みはなんですか?」と。なんでもない会話に思えるが、意外に回答はマチマチである。会社自身の強みではなくご自身の担当する商品の強みを言われる方もいれば、回答に詰まる方もいる。回答が強みになっていない方もいれば、当然「弊社の強みは〇△□です」と長々と言われる方もいる。しかし、強みを言い切られた隣の方に再度聞き直した場合、違う回答されるケースもある。

自社の取り組みや商品が報道されると嬉しいものだが、当然のことながら狙うのは「プラス報道」であり、掲載されたことによる効果を取り込むのが本来の目的である。しかし、あくまでもその報道をするのは第三者である記者であり、自分が理路整然と強みを理解した上で説明しなければならない。当然のことながら説明しても100%理解されるということはなく、また記者が事前に抱いている概念やストーリーを変えなければいけないということも念頭におく必要がある。

取材後に期待以上の報道がされたという経験はないだろうか。これは単に記者の文章力が優れているのではない。記者が取材時の情報を元に、御社や業界を検証した上で、なんとかニュースにしようと必死の分析を行った上で書いているからだ。本来これは広報担当の仕事ではないだろうか。好意的な記者が大勢いるとも限らないし、毎回当たるわけでもない。効果的な報道を勝ち取るには、自社の強みを検証する必要がある。強みは、自社が変わっていなくとも環境が変われば変化するものであり、定期的に再検証する必要がある。

また担当者によって強みがマチマチというのは、自社の強みを検証しきれていない証拠だ。担当者の業務分担や経歴により、想いもマチマチであることは非常に多い。一度ゆっくりと時間をとって、徹底的にディスカッションし共通認識の強みを再確認してみては如何だろうか。

この箇条を初心者向けと取るか、中上級者向けと理解するかはあなた次第。

広報23箇条 自社の強みを徹底分析せよ!

クリックをお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ 広報・IRへ